ログ1



2007/4/10(捕)

 ただいまメールフォームが機能していないようです。現在復旧作業中ですので、しばらくお待ち下さい。
 復旧しました。やべ、明日朝起きれねぇ…


2007/4/10

 ボンジョルノ管理人です、みなさんこんにちわ。
 こんちくしょうの春まっさかりですが、今日はおまつりだということで、いっぱい更新があります。
 でもSSの更新はありません。
 「はて、ここは何のサイトだったっけ?」という疑問を抱いたら負け組みです。そこは突っ込まずに、ひとつ。
 というか、どのポケットをひっくり返してもそんな時間なかったっスよ。

 1、トップページで万歳三唱してます。
  せっかくだから、バンザイしてってくださいよー。年に一度の「嫉妬の日」ですよ?
  FLASH見る環境と、JavaScriptをオンにしてないとバンザイできませんが、それぐらいたまにはいいじゃないですかー。

 2、メインメニューに、『出しもの』の項目を追加
  企画モノや雑多な嫉妬ネタなど、「よみもの」でも「嫉妬さがし」でもないガラクタどもを格納する場所です。なんだかんだと定義付けましたが、要するにこの間のエイプリルフールネタ(煮庫裏屋)を晒すための場所というわけですね。

 3、『出しもの』に、「エイプリルフール2007」を追加
  ……というわけで、アレを追加です。まだ十日しか経っていないのにリバイバル。しかしただの復刻版ではありません。未完成だった部分がちゃん出来上がっています。こんだけでえらい手間がかかっちゃいまして、あっという間に今日という日が来ちゃいました。
  ともかく、これで完全版としてお届けできます。当日にご覧になれなかった方も、在りし日を忍びたい方も、まぁジョークとして立ち寄っていってください。

 4、このページを『ひかえ室』に改名。
  本当にどうでもいい更新です。このサイトでたぶん最も不人気なこのページは、管理人もあまり好きじゃない場所でした。けれども最近なんか、ああじゃこうじゃと言い訳を口にするページになりつつあります。『言い訳』――管理人は、この言葉がすごく好きなんです。理屈をこねくりまわしてお許しがもらえるなんて、なんと素晴らしいことなのでしょう。
  そういうわけで(どういうわけだか)このページの名前が「ひかえ室」に変わりました。ここは管理人がウダウダ管を巻いて、言い訳を口にするところです。それと、更新履歴。つまり最新の更新履歴を知るためには、管理人の言い訳も同時に聞かなければならないという、訪問者にとっては苦痛の抱き合わせ商法。喰らいやがれです。あと、それと連動してこのページのURLが変更されています。

 5、『ひかえ室』の上部に、「生存ボタン」を設置。
  管理人が、いよいよ放置プレイモードに入った時のための布石です……。
  少なくとも、まだ生きているかどうかぐらいなら分かります。

 6、あちこちのレイアウトをちょっとずつ変更。
  「前がどうだったか」なんて誰も覚えてないでしょう。管理人も覚えていません。
  でも、なんか知らんけどちょっとずつ変わっているようです。しかも全ページ。

 7、リンクページを作る気になった。
  「作る気になった」だけで、実際には作ってないんですが。
  でも、近所のおばさんは「まずがんばるきもちが大事」って言ってました。
  つまり、これは大いなる前身なんです。


  <おたよりのおへんじ>
  ・褒めてくれるのは手書きなとこかいw(4/7)
  ・KOTONOHA DAYSですかぁ。個人的には、SLAVE DAYS(その前の年の四月馬鹿ネタ)の方が商品化キボンだったり。マジカル☆ハート・こころちゃんも、結構ビンビンにキタ。こころちゃんは、俺のキモウト。(4/2)
  ・はい、復活したよ(4/2)


2007/4/2(戦い済んで、日が暮れて)


(´・ω・`) ← 四月馬鹿ネタ作成で真っ白に燃え尽きた馬鹿


  <あとしまつ>
  こんばんわ、管理人です。昨日はこのページまで辿り着けましたでしょうか? 商品を注文するとココまで戻ってこれるようになっていたのですが……まぁ、どうでもいいですね。昨日、初めて当サイトを訪れた方にはごめんなさい。ココがどういうサイトなのかも知らされず、何が起こっているのか分からずに、オロオロされたことでしょう。もう二度とココに来られることはないでしょうが、本当にごめんなさい。謝罪のテレパシーでも乱射しておきます。まぁともかく、いろいろとごめんなさい。ごめんなさい。
 
  来年は、もうやりません。

  とゆうか、そもそもこのサイトが来年まで残っているのかも保証できない、世知辛い世の中ですからね……。アレですよ、管理人が破産して、このサイトのレンタルサーバー代が払えずに追い出される可能性だって0%じゃありませんし。そんなわけで、鬼が笑いますから来年のことは申しません。「ごめんなさい、もうしません」と言っておけば怒られないのが日本という国のよいところです、だからそうしときます。

  昨日このサイトに来なくてネタを閲覧できなかった方々も、ご心配には及びません(なんの心配?)。どうせすぐに保管ページを作って、「煮庫裏屋」を晒しちゃいますから、ちょっとだけお待ちください。ええもう、すぐですよすぐ。だってこのサイトって、年から年中エイプリルフールみたいなもんですからね。一体なんのために、4月1日を目指して頑張っていたんだか。

  でもうちの「嫉妬」というジャンル、「ツンデレ」や「ネコ耳」や「妹」萌えとは違って、酷く茫漠としていますからねぇ。こうやってお祭騒ぎをするとしたら、エイプリルフールぐらいしかないような気がします。「姉の日」「妹の日」みたいな記念日もありませんし……。あ。

  語呂から言えば、「4月10日」が「しっとの日(嫉妬の日)」になるじゃないですかっ!!

  そうしましょうそうしましょう! 4月10日を勝手に「嫉妬の日」にしちゃいましょう! 新学期が始まってすぐだから、国民の祝日にするには丁度いい時期です! では管理人、一人ぼっちでがんばっちゃいますね。いつか4月10日が国民の祝日になるその日まで、僕らの七日間戦争です。
…………って、本当にあと9日しかない!?

  というわけで、なんかキモヲタっぽく一人相撲をしてみましたが、実際何かやるのはちょっと無理ですね。いいアイデアだとは思うのですが。……だからまぁ、今年は辺境のこのサイトで、「わーい、嫉妬の日だー」と一緒に小さく万歳三唱して終わるとしましょう。管理人のこの場の気紛れが発端になって、数年後に何百ものオタサイトが「嫉妬の日」を祝う未来を想い描いて……。

  ――ええと、なんの話をしてたっけ。
  あぁ、全然あとしまつになってないや。これだから日記って嫌いなんですよー。


  <とある方へのお礼>
  3/25の「おたよりのおへんじ」で
>・それ、本当はやりたかったんだ。でも管理人にそんなスクリプト組むスキルないから……。
  と書いたところ、本当に管理人のためにcgiスクリプトを組んでくれた方がいました。

  ……え? どういうスクリプトなのかって? きまってるじゃないですか。
  30%の確率で「中の少女」に自動的に監禁されるスクリプトですよ。

  あぁいや、でも、実際にそういう使い方はしません。というのも「機械的に捕まる」というパターンに陥っては、単にウザがられるだけですし、すぐに飽きられてしまうからです。罠をはめるには、相手の裏の裏をかくべきです。そして「罠だと分かっていてもついつい踏んでしまう」ように相手を誘い込むのも忘れてはなりません。「敵の力を以って敵を制す」――兵法の極意であります。
  こういうスクリプトは、逆に考えて使うのですよ。例えば「30%の確率で監禁される」と言った場合、人はそれを「ウザい」と感じますが、「70%の確率で生き残れる」と言った場合には、人は何故かそれを「希望」と感じてしまうのですよ。不思議なことに。抽象的ですが、まぁそういうことです。
  なんかふんぞりかえってえらそうなことをほざきましたが、そんなわけでこのスクリプト、ちょっと変わった趣向で有り難く使わせていただきますね。現在、色々と無い知恵をふりしぼっているところです。
  おい、SSの方はどうするんだ――というツッコミは無しの方向性で、ひとつ。
  あー……でも、もう一ヶ月もSSの更新をしてないなぁ……。そろそろ赤帽に本気ださないと……。

  そんなわけで、スクリプトを組んでくれた方へ。本当にありがとうございました。
  いつになるかは分かりませんが、大切に使わせて頂きます。

 

  <おたよりのおへんじ>
  ・そう言っていられるのも今のうちだけですよー。特に第三話なんかは、どうしてスレの方への投下を諦めたのか頷けるほどに、やんちゃなSSですから。はたして許容されるかどうか……。ま、まぁ……ゆるゆるとお待ちください。


  <エイプリルフールにもらった、おたよりのおへんじ>
  ・テラアホスwwwwwwwwww  ……えぇえぇ、自分で言いますよ(´・ω・`)
  ・やらないか?
  ・でもそう簡単にSSはアップできません。管理人は只今真っ白です。こなゆきです。ざんねん。
  ・バックナンバーにつきましては、当店が発行しております“季刊『弟思』”の方をご購入ください。店頭にてお買い求めいただけます。
  ・いいい
  ・毎度ありがとうございます。税込みで262500000000000000000000000円となります。ご入金を確認後、直ちに発送させて頂きますので、少々お待ち下さい。
  ・やーい、ひっかかった
  ・md


2007/4/1(エイプリルフール)
  やっ(´・ω・`)ノシ
  いやな季節になってきたねぇ。こんなときは、馬鹿なことやって鬱憤を晴らすのがいいです。忙しい忙しい言いながら、影でこんなことやってましたごめんなさい。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

  それにしても時事ネタだというのに、半ば未完成での公開であります(まだ弟切送と弟切争の商品紹介ページができていない)。いやいや、これでもう流石に限界ですよ。まぁそういうところが、実にここの管理人らしくていいじゃないですか? 憎めないじゃないですか? 可愛らしいじゃないですか? 告白したくなるじゃないですか? ストーキングしたくなるじゃないですか? 刺したくなるじゃないですか? ね? ね? そういうことにしておきましょうよ。

  そんなわけで、今日は通常業務はいたしておりません。……といっても、このページまで辿り着いた人には関係ないでしょうが。一応本来のコンテンツも見られるけど、トップページに入ろうとすると煮庫裏屋の方へ行っちゃいますからご注意を。本日のメールフォームは、「嫉妬探し」のページのものと煮庫裏屋の「お問い合わせ」ページのものがちゃんと使えますので、何かありましたらそちらをどうぞ。明日になると元に戻ります。おたよりのおへんじとかも、また明日の日記で。


2007/3/25
  「嫉妬さがし」が豪華になりました。
  目次ページですが、以前から「凄く項目が増えた場合はこうしよう」と考えていたスタイルに変更しました。……はい、獲らぬ狸の皮算用ですね。でも、前のページは非常にいい加減だったから。「嫉妬さがし」はですねぇ、いつの日か某所のような素晴らしいリストが完成するのを夢見たコンテンツなのですよ。……夢想もいいとこですけどねー。某所のは、何年もかけて何人もの人がレビューしてきた結果、出来上がったリストですから。それに対して、こっちは一人。ま、気長に増やしていくしかないですね……。

  そしてコンテンツページに、いよいよ「パッケ画像」が付きましたよ! アマゾンからお許しを貰って(アフィっているだけですが)引っ張ってきたわけですが、これにはとても満足しています! 「嫉妬」とは、やはり女の子の顔を見ながらハァハァするべきものなのです! リイタかわいいよリイタ! 感動のあまり最大限に画像を引き伸ばしてしまいましたが、全く後悔していません! リイタ、かわいいなぁ……。このサイトも、いよいよ華やかになってきて嬉しいかぎりです。

  <おたよりのおへんじ>
  ・それ、本当はやりたかったんだ。でも管理人にそんなスクリプト組むスキルないから……。


2007/3/24
  死にそうなので、『嫉妬さがし』のページに「うたわれるもの」を追加。
  気がつけば二週間ぶりの日記! 早々にダメ管理人っぷりを発揮しているRIG2です。でも日記は本当に苦手なんで……これぐらいで堪忍してください。SSの方も少しだけ進捗しているのです、一応(★が少しだけ増えたはず。何の足しにもなりませんが……)。
  それにしても「春は残酷な季節」と申しますが、本当に一片の慈悲もない頃合ですねぇ……はぁ。春なんか無くて、一年中夏だったらいいのになぁ……。そう思いませんか? 夏だったら嫉妬少女も、薄着で気になるカレにアタックできます。それにカレも泥棒猫も薄着ですから、全体的に防御力が低そうです。包丁の一撃で楽に仕留めることができるはずです。……ね?夏って素晴らしいでしょ?

  なんだか知らないうちに修羅場検定受験者数が1000人を越えていますねぇ、少し前までは200人ちょいだったはずですが。1000人って言うと、あなた、その辺の高校の全校生徒数よりも多いじゃないですか。それだけの数を修羅場スキーへとクラスチェンジさせたというのならば、これはもう春の叙勲で陛下から勲章の一個でも貰えるかもしれません。今からイイ感じのスーツでも仕立てておくことにします。
  しかしそんな管理人の自負をよそに、ドンドン下がる平均点! この下降っぷりを案じてくれたお客様もおられましたが、なぁに、ご心配には及びませんよ。平均点が30%を切ったら、ちょいちょいと裏工作をしたり、平均点を隠してなかったことにしてしまったり、姑息な手を使うだけです!
  ……とまぁ、冗談はおいておいて。なんだか異様にカウンターが回っているので、たぶんあまり「修羅場」に縁のなかったお客様が増えているだけだと思われます。それならば憂慮するよりも、むしろ歓迎すべきことでありましょう。……受験した皆様が、いったいどんな心境でこのサイトを後にしたのか、少しだけ気になりますが……(;´Д` )

  <おたよりのおへんじ>
  ・管理人のこと大好きって……貴女は、嫉妬深い美少女ですか!? つ、遂にこの時がやってきた……だったら中の少女に刺してもらうことなんか考えないで、貴女が僕を刺してください!
  ・OK、あんたもイケテルぜー
  ・最近のRPGとかのキャラって、みんな破天荒な格好してますからねー。なんか理由をつけてやりたくて。
  ・ウェルカムこっちの世界(ニヤリ
  ・自分がそんなに素晴らしい人間だったら、彼女を泣かせることなんて…………はぁ。でも、ありがとう。
  ・おう! ゆったりまったりし続けて、一向に★が増えていきません。
  ・心配してくれてありがとー。白紙で提出しても0%にならないところが、修羅場検定の(誰も知りたがらない)隠されたヒミツです。


2007/3/10
  お問い合わせがありましたので、以下のように明記しておきますね。


  当サイトは、リンクフリーです。
  お好きなようにリンク貼っちゃってください。

  当サイトでは18禁内容を取り扱わないので(一部15禁コンテンツはありますが)、特に入室制限も設けておりません。


  このサイトの開設当初は、「可能な限り草の根で潜伏する」というゲリラ戦を展開していました。しかしながら、親分である阿修羅様にアッサリと首根っこをおさえられましたので、もはや逃げも隠れもいたしません。煮るなり焼くなりお好きなようにどうぞ。「晒していぢめてやろう!」という悪意のない限り、臆病な管理人も泣かないように努力します。

  特に「嫉妬・修羅場系の他サイト様」に関しましては、不都合のない限り、こちらからも相互にリンクを貼らせて頂きます。利用者層は大いに被っているでしょうし、ならばイチイチ親分のとこに戻らなくても行き来できた方が、お客様にも便利でしょうから。

  以上の旨、「はじめに」のページにもことわり書きを入れておきます。

  <おたよりのおへんじ>
  ・「中の少女には飽きた。うざい」と言われ始める前に、何か新しいネタを考えないとねぇ……。


2007/3/8
  『嫉妬さがし』のページに、「ワイルドアームズ5」を追加。意味のあるページであろうとなかろうと、嫉妬好きならばやらねばならぬことがある――それが「嫉妬探し」。まー、更新しやすいコンテンツではありますね。
  
  ところで、管理人の体調が悪いです……ダルイです。まだ花粉症は本格化していないのに、なんでだろ……。こうして机に向かっていても、なんだか誰かにエナジーを吸い取られているみたいです……。もしかして俺のことが好きな可愛い女の子(たぶん病弱で余命いくばくもない)が、どうせ死ぬのなら俺も一緒に連れて行こうと思って、呪いでもかけているのだろうか? それとも別の子が俺のことを想うあまりに、生き霊になってとり憑いているのだろうか? もしそうなら――――嬉しくて、思わず元気になってしまうではないか! そんな風に愛されたいもんだよねぇ〜。
  でもなんか、マジでダルイんですよ。肩も妙に重いし……。本当に疲れて(or 憑かれて)いるのかなぁ……はぁ。

  おたよりを送ってくれた方々へ。
  本当にありがとうございます。ちゃんと全部読んでいます。当サイトは現在のところ、掲示板もウェブ拍手も設置する予定はありません(ちゃんと管理していく自信がない為)。出入り口は、メールフォームオンリーでいくつもりです。自分の指針にできるのはこの“おたより”だけですので、送って頂いたメールには食い入るようにして目を通しています。毎度のご贔屓、本当にありがとうございました。
  折角メールを頂いたのに、沈黙を保ったまま心の中に仕舞いこんでおくのは心苦しいです。宛先のある方には、(多少間が空いても)必ずお返事を書かせて頂いております。宛先のない場合はその都度、このページで「独り言として」お返事を呟かせてもらうことにしましょうか。心当たりのある方はニヤニヤ笑って下さいね。
  但し、他人から頂いたメールの内容はプライバシー保護・著作権の対象になりますので(臆病者なので、こういうことに敏感なんですよ……)、メールを送ってくれた方々へのマナーとして、本文からの引用やペンネーム晒しは一切致しません。ご安心ください。
※例外として、「嫉妬さがし」のネタ提供・レビューを行ってくれた方については、ちゃんと該当ページにて引用させて頂きます。管理人がそのネタに手を出せない場合もありますが、無視しているわけではないので、その時はごめんなさいです。


  <おたよりのおへんじ>
  ・もはや羞恥心はトップレス。
  ・裸で蝶ネクタイ締めてピアノを弾きながら待っていてくれると、早く書きあがるような気がしないでもありません。気がするだけですが。
  ・いやいや、お恥ずかしい限りで……。どうやら「はじめに」で主張している内容が濃すぎて、一部でドン引きされているらしい管理人です。

  以上です。
  こんな感じで月に二・三通のおたよりを貰える程度ですから、こうやってお返事を書く余裕ぐらいはあります。


2007/3/2
  『嫉妬さがし』のページに、「ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット」を追加。需要があるのかないのか、よくわかんないこのページ。……まぁ多分、人気が無い方に一票です。しかし、リストが一向に増えていきませんねぇ……。管理人が扱うのはゲームばっかりだし。RPGなんかレビューしようと思ったら膨大な時間がかかって、余裕で一ヶ月はかかっちゃいますからねぇ。

  それはそうと、この「嫉妬さがし」のページに、ゲームのパッケ画像を載せたいんですよ。折角苦心しながらレビューしているのだから、もう少し目立たせたいんです。他のサイトによくある、商品の画像――あれって、アマゾンのアフィリエイトかなんかなんでしょうか? 何も考えずに画像引っ張ってきたら、当然怒られるんですよね?
  こんなサイトでアフィったところで、売上げがあるはずないしなぁ。しかも旬を過ぎた作品しか取り扱わないし。自分で現物をデジカメに撮って掲載――も、なんだか余計に格好悪くなりそうだ。アマゾンの画像で紹介するためには、アフィらなきゃダメなのかな……って、常識的に考えてそうですよねぇ。でも管理人は無知なおぼっちゃん育ちなので、そのへんの色んなシステムがよく分からんのですよ。なんか上手い方法ないかなぁ……。

  しかし、三月になってしまいましたねぇ……。
  可愛い女の子に、刺されたいなぁ……。



2007/2/28(追記)
  ――と、いうように大更新を果たして、ぽちっとアップロードしてみたら……なんじゃあこりゃああああ!? 6hotサイトだったはずが、過疎サイトだったはずが、一夜にして何が起こったんだ!? 
  ……と思ったら、あぁ、そういうことか。なるほどなるほど。それにしても、すごい数が流れてくるもんだねぇ。リンクされただけでここまで跳ね上がるとは、やはり某所の利用者数は相当に多かったということなのかな。確かいつぞやの投票では、200人ぐらいは普通に参加していた気もするし。しかし、なんかかくれんぼで見つかってしまったような気恥ずかしさがありますねー。
  まぁともかく、みなさんいらしゃいませなのです。何もないところですが、のんびりできるような造りにはなっているサイトですから。“中の少女”に監禁されるなり、読むなり書くなり、ゆっくりしていってください。お暇でしたら、修羅場検定の平均点でも上げてやってください。↓の方も、よかったらどうぞ。


2007/2/28
  『赤い帽子のまほうつかい』を、このサイトで連載することにしました。第一話はこちらから読めます。

  女心も秋の空も目じゃないくらいに、ぶっちぎりで気が変わりやすい管理人です。しかし悩める青年として、いっしょうけんめい考えた末の決断でもあります。以下にその理由を長々と述べてありますので、お暇な方だけどうぞ。本当にどうでもいいことなので、時間をもてあましている方だけ読んでください。



  まず第一に、内容が問題なんです。修羅場SSというカテゴリーの中では、かなりの異端作品になります。『冒険ファンタジー』という素材を活用して、エピソードによっては「ゾンビ系サスペンスホラーと、嫉妬・修羅場をミックスしてみよう!」「スパイミッションもどきに、修羅場を導入したらどうなる?」「ドロドロとした印象が先行する『監禁』に、『切なさ』と『幻想的な美しさ』を付与できないか?」などなど、様々なテーマを盛り込もうとしています。どんなに異質な要素でも、切り口によっては嫉妬・修羅場を刺激する糧になるはずだ――そんな考えを実証するための、実験作のようなものでして。書き手側からも、積極的に『冒険』してみようという作品です。それゆえ、外部に投稿する形にはあまり向いていないかもしれないんです。

  第二に、その長編っぷりが挙げられます。各エピソードをそれぞれのテーマで締めつつも、全十話で一つの巨大なテーマが完結するように、プロットが組まれています。そんなの、もう正気の沙汰じゃありません。現在書きあがっているテキスト量だけでも500KB、完結時には1MBを余裕で越えるだろうと予測される長編です。ここまで馬鹿げた作品を外部に投稿するには、いささか勇気を必要とします。そして管理人は、こう見えてかなりの臆病者なんです。

  第三に、『冒険ファンタジー』という世界観が問題となります。その世界観に深みをもたせるため、どうしてもある程度は『女の子の嫉妬』とは無関係な描写に、紙面を割かざるを得ません。その弊害は特に第一話に現れていまして、やや説明的なお話になってしまっています。物語の導入部分(だけ)には特に気を遣う作者にとって、この点がひっかかって仕方ありません。神経質なんです。

  まだまだ続く第四点目は、ここの管理人の筆の遅さです。季節をまたいで、ようやく一本書き上げるなんてこともザラにあります。そろそろ忙しくなってくる時期ですし、このサイトも放置プレイが常となることでしょう。そんな身でありながら、某所のような流動性の激しい場所で超長編の連載を始めようとすることは、少々無責任かもしれません。「山姉シリーズの連載を一時中断している」という負い目もありますし。
  そして管理人としても、「書きたい時に、書きたい物を、書きたい分だけ、書く」というスタンスを崩したくはありません。過去に一度、義務感から無理をして書いていた時期がありました――その結果、完全に自分を潰してしまったという苦い経験があります。もう二度とキーボードを叩くもんかと、数年に渡って筆を投げてしまったものです。自縛行為ならぬ自爆行為ですが、だからこそ、そんな馬鹿げた過ちを再び繰り返したくはありません。少なくとも“自己満足の趣味として”書くのであれば、意識的に“気ままな管理人”を装っていなければやっていけない――自分がそんな性格であることを、痛いほど熟知していますから。

  最後に。それでもなんとかして、この作品を完結させてやりたいという想いが強いんですね。『赤い帽子のまほうつかい』を書こうと思った発端などを、ここでダラダラと述べたりはしません。ただ、思い入れだけは格別です。なんとかして、このプロットの卵を孵化させてやりたい。一つの『ものがたり』にして育て上げてやりたい。――この儚い卵を温める雛床としては、自分で完全にコントロールできるこのサイトが、やはり最適な場所であると思い至りました。

  以上の事情(言い訳)によりまして、『赤い帽子のまほうつかい』はこのサイトで連載を始めた方が良いと判断した次第です。2007年度内に完結できるのかも不明という状況ではありますが、ココでの連載であれば、恥をかくのは管理人一人で済みます。典型的な「6hotサイト」という過疎状態も、むしろメリットなのかもしれません(※改訂:こんなこと書いた今日に限って、150hit)。それでもこんな管理人を監視し続けようという、ハードコアかつ正気を失っておられる常連様方には、とことん付き合ってもらいましょう。
  完結に辿り着けなかった時は、一緒に地獄まで道連れです!

  なお「山本くんとお姉さん」については、従来どおり某所への投稿型を採り、ココは単なる「倉庫」扱いになります。「山姉2.5」をテキストファイル形式でアップする等の形態をとりつつ、そのうち「3」が出来上がるでしょう。しばらくは「赤い帽子」「山姉」「さわやか嫉妬」の三本立てで、それぞれを気ままに渡り歩きながら、その日の気分で書き綴ってゆくつもりでいます。


2007/2/26
  「ライオット・アクト」をクリアー。なかなか面白かったけど、少し飽きやすいかも。(「スパイダーマン2」+「マーセナリーズ」)÷2という感じだけど、アクション部分が大味で結局力押しになっちゃうのが――――え? 俺のゲームのレビューなんか聞きたくない? ……ごもっともです。んじゃ、そろそろ執筆にもどりますね。

  ところで、「修羅場検定」は難しいのでしょうか……? 当初は、平均で70%ぐらいになるのを想定して作っていたのですが、大体60%前後の人が多いようです。「誰が何点取って、どの問題にどう答えたか?」等は確認しようがないので、細かい分析はできません(自分で作っておきながら)。たぶん“中の少女”関連の問題で、対応の仕方に戸惑っておられるのかなぁと想像していますが……。

  ああ見えて配点基準については、かなり考えて作ってあるんです。『修羅場主人公として、どういう男が理想的なのか』という観点から、選択肢を評価しています。例えばただ鬼畜道を突き進むだけの主人公では、自我が強すぎて、修羅場になる前に自力で解決できてしまいそうです。優柔不断なだけでも、女心を煽ることはできそうにありません。ヒロインを「どうして私じゃなくて、あの娘を選ぶの!?」と追い詰める程度には、そこそこ頑固で一途である必要があります。しかし一途すぎても、トラブルを巻き起こせません。
  『最もタイミングの悪い瞬間に、もっとも間の悪いことを口走ってしまう主人公』――そんな“貴方”を演じれば演じるほど、スコアが高くなるように設定されています。実に“中途半端”です。だからこそ、難しくて当たり前なんですが……。
  来訪者の方々の層についても、まるで見当がつきません。嫉妬や修羅場に今まで全く興味のなかった方が来られているのか、ある程度嗜みのある方なのか、それとも管理人のようにハードコアな修羅場ラーなのか。全然わかりません。でもこのサイトは「駄文同盟」にしか登録していない、隠れ家みたいな場所です。ですから意外に、「新規層」を開拓しているような気もしているんです(大いなる勘違いかもしれませんが)。その場合、この60%という数値は非常に妥当な平均点となります。

  「もう少し検定の問題・判定基準を易しくした方がいいのかなぁ……」と、悩んだりしてるんですよ、これでも。悩み多き青年です。受験者にはあえて「好きなように回答してください」と前置きしてあるので、なおさら悩みます。
  でも今のままでもいいか、とも思います。こんなもので90%以上を叩きだせるのは、ただの変態さんです。管理人と同一化するわけですから、もう確実に変態さんです。そんな人は少なければ少ないほど、“美しい日本”には良い傾向でしょう。

  単にめんどうくさがっているだけですけどね。


2007/2/22
  「ライオット・アクト」を買ってきた。ようやく「デッドライジング」以外に遊べるモノが手に入った。干しマンゴーを齧りながら、ただいま遊んでます。
  ちなみに、干しマンゴーって意外にいいね。低カロリーのわりに果肉は厚く、甘みたっぷりで、たべごたえがある。“ポテチをつまみながらゲーム”……いわゆるひと昔前の“カウチポテト”とは一味違う、新世代の爽やかプレイ感覚だ。これで明日からはお姉さんにもモテモテである。
  何が言いたいかというと、「こんな俺でも生きてます」ということです。一日に一時間くらい、メモ帳開いてぼーっとするのが、俺のSSの書き方です。気がつけば、こびとさんが書き上げてくれているんですね。でもこびとさんたちは怠け者なので、無銭労働にはあんまりやる気を出してくれません。そんなわけで、執筆スピードは超鈍足。ですからまぁ、のんびりと気長にやりましょうや。一日6ヒットの過疎サイトですし。


2007/2/17
  よーし、キモくない嫉妬モノを書くぞ〜! ……無気力モードに入るまでに、書き終わるか!? 自慢じゃないが、管理人のカラータイマーはカップラーメンさえ作れないほどに寿命が短い。


2007/2/16
  かつて書いた、「ファントム・オブ・インフェルノ」の二次創作の発掘に成功。サルベージしてパワーアップを図りました。うぉ俺ってば意外にやる気じゃん!?……とゆうわけで、『お蔵だし』のページに置いてあります(※但し、15禁SSです)。あれからもう、二年半になるのか……。当時から相当の「嫉妬好き」だったから、こういうモノも書いていたわけだ。懐かしい。涙が出そうになるほどに。
  駄文同盟さんのアクセスを見て、12人もお客さんが来てくれたことが分かった。大漁大漁……なのだが、「修羅場検定」を受けてくれた人は三人ほど。そして、平均点がどんどん下がっていく……。これはひょっとして、アレですか? 皆さん趣味に合わなくて、「お怒りモード」で帰ちゃったってやつですかぁ!? あわわわわわわ、期待通りのサイトではなくて、ごめんなさい。「キモ分多め」と書いておいた方が良かっただろうか? 「淡く切ない三角関係から生じるトキメキ嫉妬」を期待して来ると、確かに痛い目に会うサイトではあります……。……でもまぁいいか、愛想つかされても。基本的に、なげやりな態度で運営するのが当面の方針です。


2007/2/15
  駄文同盟に登録完了。はたして誰かお客さんが来るのかわかんないが、とりあえず一仕事おわり。まぁただの倉庫だから、誰もこなくてもいいや。ちょっとひとやすみする。おやすみ、俺。


2007/2/14
  出来上がった! サイトが出来上がったぞ! 聖バレンタインの夜に出来上がるとは、このサイトの業の深さはたいしたものだ! 実に俺らしいぞ! かっかっかっか……。orz。
  さて、今日中にどこかへ登録しときたい。ただ「まとめサイト」さんには、無断でリンクを貼らせてもらいます。性質上「宣伝」という形はとりたくないので……。ですから、「阿修羅様」。もしココを見ておられましたら(まぁ、わざわざこんなとこに来ないでしょうが)、この場を借りてお詫びします。勝手にリンクを貼らせて頂きますね。


2007/2/4
  あれから一週間たって、だいぶ形になってきた。サイトを立ち上げるなんて二年ぶりのことで、作業自体はとても楽しい。昔よりも手馴れているせいか、当初の予定よりも凝ったモノを作ってしまった。
  そしてやはり、日記を書くのが苦手な自分がいる。恥ずかしくて、どうしても筆がすすまない。誰も彼もブログで日記を書いている時代なのに、俺はいつまでたっても、こういうのには馴染めないようだ。ほら、こんな風に、無機質な独白にしかならない。ブログでブイブイ言わせている人達には、ほんと敬意を抱いてしまう。
  何かいいアイデアはないものだろうかねぇ。


2007/1/28
  書いた物をどっかに置いておきたくなったので、なんとなく作ることにした。そんな意気込みなので、特にこれといって掲載するのものがない。こまった。ついでにサーバーにもアップしてない。まさにチラシの裏。